So-net無料ブログ作成

お気に入りの灯り [interior]

スウェーデンの建築家、カールマルムステン による照明器具。
かつて勤めていた北欧インテリアショップで扱っていたものです。
直径は60㎝ほど。

電球をつけない状態で店内に飾ってあるのを最初に見た時は
北欧の傘?と思いました。
空間を明るくするのは
白い天井に反射するやさしい間接的な光と紙を通して降りてくる暖かな光です。

天井シーリング.jpg

バカミーンという日本でいう和紙のような紙に
スウェーデンの牧草などを梳きこんで
スチールの骨組みに手作業で張って作ります。
ひとつひとつ趣が違う、まさにハンドクラフトの北欧らしい作品です。

竹の骨組みに和紙を張る照明器具、
 イサムノグチ の AKARI と似てますね。

プラスチックなど使っていないのでいずれは土に帰ります。

デンマークのはぎれで手づくりタペストリー [interior]

北欧のテキスタイルはこの10年でずいぶんポピュラーになってきました。

デンマークのリンデ社が扱っているカーテン生地はデザインがとてもチャーミング。
生地幅140㎝くらいにものがほとんどですから、
ほんの7、80㎝もあればこんなタペストリーが作れちゃいます
寝室のがらりと空いた味気ない白壁が生き生きとしてくるでしょ。

生地を横に使っているので耳の部分のシマシマが上下のボーダーのようになっていきてます。
裁断した部分はほつれ止めテープをアイロンで接着して上下は角材にボンドで巻きつけるだけ。
ミシン使わずできるので簡単簡単[るんるん]

017.jpg

この生地を縦にカーテンを作ったらお部屋がぱっと華やぎそうです。
でも柄が大きく鮮やかなのでパターンを生かしたシェードやロールスクリーンが一番向いていそう。

輸入の生地でもはぎれだったら1000円とか2000円で求められるのでついつい気軽に買っては
時々こうやって並べては何作ろうかなーーーって考えながら時間を浪費してしまいます。[わーい(嬉しい顔)]

007.jpg

そうそう、これも前に作ったリンデ社のカーテン生地のはぎれで作ったクッションです。
チューリップは大好きな柄。[ハートたち(複数ハート)]
はぎれの中にこれを見つけたとき、お、お、おーーー って声をあげちゃいました。


008.jpg

ジャストフィット [interior]

5年前このマンションに越してきて以来気になっていたことの一つが解決しました。[ひらめき]

001.JPG

洗面所の隙間を利用したようなオープン棚。
収納スペースとしては助かるのですが
扉がないので雑然していました。

ぴったりサイズのインナーボックスがあれば、
とサイズを控えて持ち歩いていたのがラッキー。[ぴかぴか(新しい)]

透明ビニールは、イケア港北店で。
(本来はシューズボックス)
タオルなどを入れている大きいほうは
南町田グランベリーモール内コムサイズムで。

ともに軽くて折りたためるタイプでさらに便利。
値段もお手頃。

002.JPG

サイズを控えて探す時にはなかったり
控えていない時にめぼしいものに出会ったり

そのうちそのうち…と思ってる間に5年過ぎー
よくあることです。









私だけ? (*^_^*)

お気に入りの絵 [interior]

008.jpg

大好きなアーティスト、[かわいい]フォロンを額装しました。
…と言っても我が家の雰囲気に大げさな額縁は似合わないので
10ミリの合板と3ミリの透明アクリルを同じ大きさに切って
中に絵を挟み4隅をビスでとめただけ。
このくらいのラフさが我が家には合います。

009.jpg

こちらは香港在中の友人にいただいた絵を同じように額装したもの。
絵に合わせて合板を赤く塗ってみました。

こちらはシルクスクリーン。
かさばらないし、金額も見当つかないし、いただいた方も自由にアレンジできるし
お土産には最適品だと思います。

015.jpg

私の大好きなもう一人のアーティストは 
[かわいい]ラウル・デュフィ です。

フォロンはカラーインク、デュフィは水彩のが特に好きです。
油やアクリルのように塗り重ねのきかない透明感が好きです。

ほんとはデュフィの大作を立派な額に飾って飾りたい。
そしてそんな絵が似合う家に住みたい[ハートたち(複数ハート)]

ウインドゥトリートメント [interior]

わが家は郊外のマンション、角部屋ではないので窓の数は少なめの6面です。

和室はリビングに隣接していて窓はありませんが、うれしいことにバスルームに窓があります[晴れ]

024.jpg[かわいい]リビング

 約4メートルの掃き出し窓

 ドレープカーテンに共布を横づかいにしたボックスプリーツのバランスと、紫外線カットのロールスクリーンのダブル使い。ロールスクリーンは透過率の高いタイプなので全部おろしても圧迫感がなくちょうどレースのカーテンを使っている感覚です。

 高層階なので季節のいい時ならほとんど開けっ放しです。夏の西日の頃にロールスクリーンを使ったり(この画像のように)、省エネを考えてカーテンを引いたりするくらいです。この開放感にすっかり慣れてしまいました。

カーテンタッセルは全体のプロポーションを考えてかなり上部に付けました。ロープタッセルや手作りタッセルなどいろいろ試していましたが、結局今は共布のバナナ型のタッセルに落ち着いています。

015.jpg[かわいい]ダイニング

 リビングの窓の並びです。

 同じ生地を横づかいにしてプレーンシェードにしました。

 ここも西日対策に使うくらいでほとんど解放しています。

 

 

020.jpg[かわいい] ryo の部屋

 幅5センチの羽のブラインド。ふつうは25ミリですがあえて選びました。色はシルバーでブラックのラダーテープをつけて涼のイメージにぴったり。                    だと私は思うのですが…

ブラインドはこれだけで、遮光と通風、視界調節が兼ねられるので便利です。 窓枠内に納めてすっきり。   

  

007.jpg[かわいい] nana の窓

 ラブリーに、でも機能を考えて…

 カフェカーテンで外からの視線を遮り、厚手のロールスクリーンで光の調節。子供部屋には完全遮光タイプの生地は必要ないような気がします。明るくって眠れないとか朝日で目が覚めたとか聞いたことないです。( nana の場合は、ですが)

ここも窓枠内に納めました。

  

027.jpg[かわいい]親の寝室

 広くない部屋に2重吊りのカーテンは圧迫感があるので、ツインタイプのプリーツスクリーンをつけました。遮光タイプの生地と透け感のある生地を適切な分量に配分できます。

 夜は全面遮光、昼間は全面透け生地、、日差しの入る量を遮るときはこの画像のように調節します。便利です。

 

019.jpg[かわいい]バスルーム

 ご覧のように覗かれる心配もないので何にもつけていません。

 湯船につかって窓にお月さまがハマった時はラッキーです。

 めったにありませんが…

 

 

マンションの味気のないサッシ窓ですが、何をどうつけるかかなり考えました。

部屋をなるべく広々と感じられるように、色や素材やデザインを考えたつもりです。


帝国ホテルのインテリア [interior]

ホテル 外観.jpg上高地の帝国ホテルは昭和8年からだというのでもう今年で75年。

太い梁を大胆に使ったりしているけど、ログハウスほどプリミティブでなく、ナチュラルだけど洗練された上質な雰囲気が好みです。赤い屋根の落ち着いた建物は大自然の中にあっても違和感がありません。

ホテル ロビー .jpg中に入るとあこがれていた、大きな暖炉のある空間がありました。時代がさかのぼったようなイメージです。

ロビーが吹き抜けになっていてロビーを1周するように上階に回廊がある作りは、4年前に行った八ヶ岳高原ロッジと同じで、ヨーロッパのお屋敷に招かれたような優雅な気分になります。

dining.jpgメインダイニングはシックです。

045.jpgエレベーターの中のインテリアもいい雰囲気。

 

 

 

 

 

 

049.jpg客室のドアもこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

022.jpgお部屋は最上階(4階)。スタンダードツインです。3階はベランダ付きらしい。アルペンスタイルのインテリアとのことです。

ベッドのヘッドボードはエーデルワイスの花の木彫りの模様。傾斜した天井という空間ってとっても落ち着くのよね~

マットレスは日本ベッドのシルキーポケットでした。(商売柄、ホテルに泊まるとついマットレスの品定めなんかをしてしまいます^^;)

 

023.jpgエアコンではなくオイルヒーターなので温かさが心地よい。空気が乾燥しないので快適でした。

夜中、何度もトイレ起きるという papa がぐっすり眠れたと言っておりました。

クラシカルな香りのソファーのクッションもゴブラン織り。

 

 

 

024.JPGバスルームも華美ではなく落ち着いた雰囲気。バスタブにはネックピローなども備えてあってくつろげました。

山の中のホテルって水圧弱いことが多いけど、シャワーの水圧が強いのもうれしい。

 

 

 

054.jpg

 

建物内の照明はすべて統一されていました。

重厚な鉄と柔らかな布のコンビネーション。

電球の温かな陰影が室内をやさしく落ち着いた印象にしてくれます。

こんなお部屋あこがれちゃうなあ。

1階には図書室なんかもありましたよ。

ホテルがいいと旅の思い出も一層輝きを増します。


組立家具で部屋を作る [interior]

[家] nana の部屋改造計画の日[手(グー)]

午前中、組立家具が届きました。

013.jpgさっそく、nana と二人でシェルフの組み立てに挑戦。

ガラスを使っているので、慎重に…

幅83㎝高さ140㎝のを二つ並べました。

すっきりとしてお店の陳列台みたいね。

 

 

 

009.jpg

ちょっとペコを飾ってみた。

(^◇^)

意外と平気みたいに見えるけど実は固まっているのです。

[バス]nana が先にバイトに行き

 

 

 

046.jpg

[テニス] 私も4時半からのテニスへ。

4時半の開始にまだこんなに日が残ってます。日が伸びたのね。

お気に入りのEコート[手(チョキ)][テニス]

 Eコートは周りをフェンスで囲まれている単独コートなので、隣のコートのことを気にせずプレイできるので気に入ってます。

球はどこに飛ぶかわからいから

048.jpg私たちの場合 (^_^;)

今日は5人のメンバーで。

今日は、いいお天気だったけど、風が強くて寒かった~

(>_<)[ダッシュ(走り出すさま)]

 

 

 

055.jpg帰ってから簡単に晩御飯を済ませ、帰宅した papa と二人でロフトベッドを組み立てました。

ロフトベッドがなんとか組みあがったころ nana 帰宅。

私がお風呂に入っている間、papa が一人で今度はデスクを組み立て。

ロフトベッドの床板に頭をぶつけるからとヘルメット着用。(^_^;)

 

002.jpg なんとか今日はここまでできました。

ここが nana のアトリエになるわけです。

狭い空間だから圧迫感があるけど、見せる収納がいいとか、友達を部屋に泊めたいとか、注文が多いので、ロフトベッドを入れるしかなかったのです。

 

アイデアとセンスで、すてきな空間を作って下さい。お願いだから前みたいなゴミ屋敷にしないでね~。

 

 

 

 


拾われたヴァイオリン [interior]

020.JPG

 うふふ… (*^。^*)

じつはこのヴァイオリン、拾ったもの…

マンションのごみ捨て場で、papa が見つけて、拾ってきたのです。

当時、ごみ捨ては有料ではなく、袋も指定ではなく今より自由でした。

聞くところによると、このヴァイオリン、まるっきりむき出しで、ごみ袋の上に置いてあったんですって。

「これはゴミではありません、誰かもらってください」、と言っているように見えたとか…

 

弦も付いているので、一応音が出ます。ただ、残念なことにわが家では弾ける人はいませんので、ただの飾りです。

ヴァイオリンって、ため息が出るくらい優雅な形をしているじゃありませんか。

弾き手のいない、我が家では、ちょっと居づらそうにしているのがいじらしいです。


カエルちゃん [interior]

010.jpg我が家の洗面所にいるカエルちゃん。

とても器用なお友だちKちゃんが編んでくれました。

アクリル毛糸なので、アクリルたわしみたいに、これだけで、鏡の曇りなんかがきれいに落ちるのです。ちょっとしつこい汚れの場合は少し水で濡らして。

手袋みたいになっているので普段は、逆さにしたシェービングクリームの容器にかぶせて、気づいた時に、さっと取り出して鏡の曇りを磨きます。

わたし、編み物はあまり得意じゃないのでこんな風に、自分で考えた物を形にできるってすごいな、と思います。

石鹸入れは、何を思ったか、nana が買ってきてくれました。


新しいソファー [interior]

今のマンションに引っ越した時に購入したソファー。なので9年使用したことになります。

モールドウレタンを使ったソファーなので本体はしっかりしているのですが、さすがにカバーはくたびれてぼろぼろ… 敗れたチューリップが痛々しい (>_<) [いす][どんっ(衝撃)]

120224.jpg

カバーを着替えました。緑色のソファーになりました。

ちょっと気分が変わりました。[手(チョキ)][黒ハート]

120227.jpg

メッセージを送る