So-net無料ブログ作成
前の12件 | -

ミラノ「HOMI」 [job]

あくまで出張ですが、ミラノへ4泊6日行ってまいりました。

ミラノで毎年開催される 国際雑貨見本市「HOMI]から招待された日本のメンバー10人の中にラッキーにも滑り込ませていただきました。

ご一緒したメンバーは皆さまは、初対面で、世界を飛び回っている方たちですので、ほぼ現地集合現地解散(イタリアですよ!)のような今回のプロジェクト、私一人、実はドキドキ緊張モノでしたが無事ミッションを終えることができました。


アリタリア航空直行便で12時間、現地に夕方着いて、軽くバールでワインとおつまみをつまんで、自己紹介。そのあとホテルへ。

ホテルは60室ほどのこじんまりとしたクラシカルなホテルでした。

005.jpg

見本市会場が郊外に移ってからはさびれてしまったといわれる地域らしいですが、毎朝街路樹の美しい通りを見下ろせて悪くなかったです。


ゆったりとしたお部屋でクイーンサイズのベッドに4連泊というのも楽でした。

全室バルコニー付きでお部屋からもバスルームからもバルコニーに出られます。

DSC_0513.jpgDSC_0477.jpg

そして、ここから三日間バスで郊外のフィエラミラノという会場で開かれている「HOMI」というトレードショーに通います。事前にアポイントを取っている16社のブースを回り商談をしてサインをもらうというミッションがあります。それをこなせば後は自分の気になるブースを訊ねて商談をします。

227.jpg

出展者の80%がイタリアですので、イタリア在住の通訳の方がついてくれました。

148.jpg

イタリアはインテリアやファッションで世界をけん引しているイメージもありますが、それと同時に革製品やジュエリー、陶磁器など、クラフト技術の素晴らしい伝統もあります。



会場での商談も大事ですが、イタリアにはインテリアのハイブランドショップや最先端トレンドショップ等、見るべきスポットもたくさんありますので、午後3時くらいには切り上げて、時間の許す限り、ミラノ市内を回りました。


297.jpg

DSC_0473.jpg

ちなみに三日間の歩数はずば抜けてます。

IMG_20170921_234355.jpg


その代わり、ばんごはんはおいしいものをいただきました(^^♪

1日目街の中心部ドゥオモ(大聖堂)近くのレストランで頂いたのは、骨付き子牛肉の煮込みオッソブーコとサフランのリゾット。骨の髄液がおいしいと勧められました。カニ味噌みたいで美味[黒ハート]

DSC_0468.jpg

二日目は 同じくドゥオモ近くの「パパ・フランチェスカ」というお店で、通りにセッティングされたテーブルでした。暑くもなく寒くもなくいい気候でしたので外での食事、気持ちよかった。

284.jpg

パパが陽気に盛り上げてくれました。

293.jpg

296.jpg

288.jpg


ここではイカ墨のリゾット、ピッツア、パスタなどを飛びきりおいしいワインで(^_-)-☆


三日目はだいぶ慣れてきたので、自分たちでレストランを探して予約して行きましたよ。


店内に水槽があって「こんな魚はいかがです?」と持ってきてくれて、それをカルパッチョ(蒸し焼き)にしてもらい「頭もおいしいから」と出してくれるところなど日本とおんなじですね。日本場合はお造りでしょうか。

DSC_0499.jpgIMG_20170919_051038.jpg

店頭でみんなと記念撮影です。

1505804013492.jpg

イタリアはワインとハムとチーズがとてもおいしい(^_-)-☆

そしてコーヒーを大事に入れてくれる。

DSC_0494.jpg

街中には通りや中庭…カフェテラスがいたるところにあって気軽にお茶やワインを楽しめます。

DSC_0496.jpg

このお店はは自分で種類を選んでスムージーにしてもらうことができました。私はリンゴとセロリと人参とジンジャー。向かいの席のセニョリータは通訳のSARAさん。ママが日本人ということでした。はきはきとして、とても聡明な方です。

ミラノの新旧.jpg

3年前のミラノ万博を機に再開発された街もあります。ここはミラノ最先端のトレンドショップ「10corso como」の屋上です。歴史ある建物の古くて細い階段を上って屋上に行くと近代的な建物が…新旧混ざった風景のここが一番ミラノらしいと思いました。


186.jpg

これは、セリエAで活躍するサッカーの長友が住んでいるというマンション。「縦の森」といわれているそうです。目立ちます!

194.jpg

食のデパートともいうべき、「ITARIA」。生鮮食品、ワイン、チーズ、見ているだけで楽しいところでした。からすみのパウダーやインスタントのリゾットなんかを買いました。


イタリア人はみんな気さくで親切。

食べ物もおいしいし、観光都市として人気なのもわかります。


ただ、不法労働者によるスリやひったくり、ぼったくり、には要注意と散々聞かされてましたので、その点では緊張を強いられました。[あせあせ(飛び散る汗)]


やっぱり、プライベートで行けたらいいなあ…





nice!(0)  コメント(0) 

トリックアート [baby]

ハルくんの夏休みイベント。

高尾のトリックアート美術館での一日。

1502883527704.jpg

ここは、あちこちのだまし絵に人が入って、写真に撮ると、不思議な絵になるというトリックの美術館です。涼や菜々も2.3回連れて行ったことがあります。

新しい仕掛けも増えていて、こうやって画像を見ているとやっぱり面白い絵が撮れます。

1502894748840.jpg1502894738426.jpg

平面の画ですが溶け込んでます。

恥ずかしそうに女の子の手をつないでいたり

巨大ゴリラに襲われたパパをおっかなびっくり助けようとしたり…(^_-)-☆


1502883518749.jpg

どうなってるの??と思わず見入ってしまうハルの生首[桜]


1502883534949.jpg

ハルの身長が伸びてる??でも、バランスが[あせあせ(飛び散る汗)]5等身のまま(^^)/

遠近感の不思議… 合成写真ではありません


高尾さんには天狗が住んでいるそうなので天狗アイテムが多いです。

1502883590434.jpg

こちらは記念写真[黒ハート]



nice!(0)  コメント(0) 

最近のペコ [pet]

ペコは今14歳と6か月。おばあちゃんです。あんなに元気に部屋中を走り回っていたのに、今はよたよた歩きで、寝てばっかり(#^.^#)


DSC_4488.jpg

白内障が進んでほぼ目が見えない状態らしいので、動きも慎重です。

でも、風邪もひいたことがないのが自慢の健康犬です。腰を痛めたことは何回かあって、そのときは2,3日元気がないのですが、そのたびに回復してくれて何よりです。おなかを壊したことも1回ありましたっけ。最近はおしっこの切れが悪くって('ω')床が汚れます。そのケアがちょっと大変だけど、それも老いのせいだと思うと、かえって愛おしく思えます。年とったんだなぁ~って…


DSC_4397.JPG

我が家は寝室にはペコを入れません。入口にはこうやって突っ張り棒を仕掛けてます。

でも、朝方になるとこうやってドアの外でスタンバイ。ドアを開けると「おはよう」を待っているペコが必ずいます。

nice!(0)  コメント(0) 

撮影のハプニング [job]

秋冬カタログの撮影のため、都内のスタジオで一日撮影でした。

毎回毎回、進行はスムーズいくだろうか、商品や道具はちゃんと揃うだろうか、お天気はどうか…などなど前日は夜も眠れぬほど(?)心配です。


そして、当日、お天気はまずまずです。真夏に秋冬のシーンを撮るのでそんなに強い日差しは必要ないのでちょうどいい感じ。


…ところが!!

20596978_1924275010932609_2818477754049052415_n.jpg

最初のこのシーン、一見問題ないように見えるでしょうが、実はソファーとダイニングチェアの張地はグリーンを予定していたのです。箱を開けて、ブラックだったのでびっくり\(◎o◎)/!

慌ててメーカーに連絡して調べてもらったら、出荷ミスとのこと…ガ~ン どうしましょう。

これはオーダー色なので納品は50日かかりますし、9店舗あるお店にも在庫などしていない色です。どうしようもないのでこれで撮りました。グラフィック処理で色を変えられないかと思いましたが、白を黒にすることはできたとしても、濃い色に薄い色を乗せることは難しいとのこと…


色自体はきれいな色で、ラグや小物との相性も悪くはないのですが、このページのコンセプトとして、どうなのか… それは後で考えることにして、どんどん進行させることにしました。



DSC_0255.JPG2番目のシーンは素材のミックスをテーマにしたスタイリッシュなシーンです。


革のソファーに石材のテーブル、ラスティックな木のスツールやスチールの椅子やプラスティックの椅子など、ルールのない感性で選んだ家具を合わせてみました。


ウールのラグや、羊毛皮のクッション、銅色のポールスタンドなどエッセンスを効かせてみました。


なかなかカッコイイカットになったのでは…?










DSC_0273.JPG今回、ページに動きを加えたいということで、初の試み、人物を入れてみました。あくまで家具が主役ですので、人物は手元だけとか、ぼかしたりして入れます。

自前のスタッフですが、どんな仕上がりになるか、とても楽しみ。







20a6c8af434d7bd1991fd9dcef328449-600x338.jpg


196dfda521bca75277f2124bbff51d9f-338x600.jpgDSC_0278.JPG

2段ベットのある子供部屋のシーンと、男の子の部屋を想定したシーンでは、私物の小物が大活躍。


私の手作りドールハウスや輪投げ、それにハルくんが使っているおもちゃもいろいろ借りてきました。ハルくんのキックバイクも!


e76871595bc4d6211dcd03dabb794feb-600x338.jpg

それからこのシーンはダイニングキッチンの片隅のママのデスクという設定です。


このほかにも、ツインベッドのシーンなどを撮り、無事終了。


張地の色は後で考えるとして、とりあえずホッとしまいた。

疲れました~



nice!(0)  コメント(0) 

立川アート [art]

駅周辺にアートがたくさん点在していることでも有名な立川

今度時間を作ってアート探索してみたいです。

DSC_4405.JPG

DSC_4403.JPG

DSC_4399.JPG

スタジオ撮影 [job]

秋冬カタログ作成のため、今日は自社スタジオでいくつかのカットを撮りました。

湿度が高くじっとしてても汗が噴き出してきます。スタジオのライトを浴びて汗だくだく[あせあせ(飛び散る汗)]


ベッドや収納ボード、組み立てて撮ってはばらして、の繰り返し…

集中力も途切れがち…

IMG_20170726_085336.jpg

今回は、こんなシーン撮りもありました。

変化を付けようということで人物の動きを入れてみました。

スローシャッタースピードで人物をぼかすというアレです。

仕上がった写真はいい感じにぼけてくれました。


本番はまだまだこれから!体力を持続させて頑張らねば(^^)/

たんぼの緑 [diary]

IMG_20170721_224222.jpg

小学校は夏休みになりました。

毎月通っている茨城県石岡までのドライブの車窓。

田植えだったり稲刈りだったり、季節を感じます。

今は美しい緑です。


夏の暑さがないとおいしいお米にならないといいます。

お日様を燦燦と浴びて、おいしいお米になあれ!

ひろしま美術館 [art]

ひろしま美術館。印象派のスターたちの画が一堂に揃っている。しかもマニアックなのではなくその画家らしい作品を集めたところに、広島の人たちにに芸術を伝えたいという気持ちが伝わります。

その中でもこの3点、観に行きたいなぁ

IMG_20170721_204023.jpg

ゴッホが命を絶つ1週間前に描いたという作品。

むせかえるような緑もりもり。

IMG_20170721_215611.jpg

日本人画家としてフランスで最もよく知られているであろう藤田嗣治

油絵に金箔を使っている。

IMG_20170721_204709.jpg

ピカソ

輪郭をぼんやり表しちょっとの線で動物を表現するすごさ

果物のお酒[黒ハート] [homemade meal]

鹿児島の地震のニュースには驚かされました。

実家は山の上なので、水害の心配はあまりしないですむのですが、地震は怖いです。シラス台地なので地盤が弱そう…家は大丈夫か、何かが落ちてきたり、転んだりして怪我をしていないか、親戚や知人がたくさんいるので知ってる人が被害にあっているのではと気になります。

今回は地震の規模に比べて被害は少なかったようでほっとしました。


さて、そんな薩摩の国から命の水が届きました\(~o~)/

020.jpg

薩摩の果実から作ったお酒です[桜][桜](^_-)-☆

こういうのほんと!うれしいな~

スパークリングは来客があった時に開けようか、とか、このお酒にはどんな食べ物を合わせようか…なんて考えるのが好きなんです。

024.jpg

…といっておきながら、まずは試し飲み [黒ハート]


頂いた翌日が休みだったので、ゆず酒には、こんなものを合わせて作ってみました。

042.jpg

豆乳とクリームチーズのムースとアボカドのマリアージュ[黒ハート]

これはなんとわさび醤油で頂くのですよ。

ちょっと不思議なテイストでした。


010.jpg

余ったクリームチーズでレモンを効かせたゆるめのレアチーズを作りみかんとすもものリキュールをフルーツソース風にトッピング。大人のデザートになりました。




ジャコメッティ展 [art]

六本木新国立美術館「ジャコメッティ展」に行ってきました。

ge.jpg

スイスで生まれフランスで活躍したジャコメッティ。

こういう回顧展では、代表作だけでなく、ジャコメッティが確立する前の若いころの作品や影響された人物などもうかがうことができるのが面白い。


見たままを作りたいと苦悩したというけれど、凡人にはデフォルメを追求したとしか思えません(;´∀`)  モデルを何十日も拘束して、動くことを禁じたというのでモデルは親族や良き理解者しか務まらなかったといいます。そのくらい対象を凝視してありのままの姿を見ることに集中したというストイックさ。でも、人間の在り様を凝視し続けると鏡のような姿にはなりようがない、ということが、全部の作品を観終わった後に少しわかったような気がしました。

015.jpg

「鼻」は360度全方位から鑑賞できる面白さ

016.jpg

群像は、竜安寺の石庭にも見た鑑賞ができました。

訪問 [diary]

涼を誘って菜々んちに遊びに行きました。

その前に寄ったラフェットで涼が買った(買わせた?)ハルくんへのプレゼント、レゴの板を手渡すと、とてもうれしそうにしてました。ハルくんが?いえ、どっちもです(^^)/

1500039155210.jpg

涼がプレゼントしたレゴの板にじいじばあばがプレゼントしたレゴでお家を作りました。

土地は涼、家は私たち、というわけ(;´∀`)

車はだれが買ったのかな?2台もある!

1501075101682.jpg


涼おじちゃんはオートバイもつくってくれたし、ボールで遊んだりしてくれました♡

Screenshot_2017-07-14-22-27-22.png

久しぶりの涼おじちゃん♡

仲良く手をつないでお出かけ!

おいしいもの食べに行こうね♬

1501075136747.jpg

これは菜々が描いた私たち家族のイラスト


3歳になった [baby]

ハルくんはお誕生日、パパとママと3人で大好きなトーマスに会いにトーマスランドに行ったんだって。

1501075057898.jpg

1501075047846.jpg

良かったね。

最近は年下のお友達の世話を焼いたり(?)もしているって

1497451895259.jpg

前の12件 | -
メッセージを送る